コツコツお金持ちになる♪OLのブログ

引き寄せの法則で1億円貯めてセミリタイアしたい!けど結婚もしたい!30歳OLの節約&投資&副業日記。+婚活も。 貯金2000万円突破!

*

その夢を叶えるにはどんなキャラになる必要がある?大幅にキャラ変更しなきゃいけない夢は、達成が困難!

      2016/02/13

私は、会社に入社してから、

ずっと何年も、仕事では、数字のチェックばっかりしている気がします。

正直いうと、大嫌いな仕事です。

残業代もきちんとついて、

福利厚生とかは恵まれているとは思うのですが、

やっぱり嫌いです。

忙しい時期は、

1日中、チェックばっかりして終わると、

私の1日って、なんだったんだろう。

って思います。

 

誰でもできる仕事にはやりがいを感じられない

数字のチェックなんて、

ほんとに、誰でもできる仕事なんですよね。

そういう、地味で着実な仕事をするのが好きっていう人もいるかもしれないけど、

なんか、私はずっと続けるのは無理だなって思います。

 

そもそもなんで今の仕事についたのか考えてみた

私は、人にアドバイスするのが好きなので、

できれば、コンサルタントになりたかったんですよね。

入社したときも、

「経営コンサル的な仕事がしてみたいです」って言いました。

といっても、

採用試験のときは、「営業やりたい」って言ったんですけどね。

営業やりたい、って言ったほうが、採用されるかなと思って、

そう言っただけですけどね 笑

採用試験のときは、「営業やりたい」っていったけど、

実際に、配属先を決めるときは、

「経営コンサル的な仕事がしてみたい」って言ったんですよ。

そしたら、

「じゃあ経理がいいんじゃないか」って言われて、

経理に配属されました。

それから、6年くらい、経理の仕事をしていました。(今は、また別の仕事をしています)

ほとんど、数字のチェックだけで1日が終わることが多かったから、経理の仕事が好きになれなかったです。

そういう、細かい仕事が経理の仕事だから、しょうがないんですけどね。

 

経理には、経営コンサルっぽい仕事なんてないということに気づく

「経営コンサル」の仕事って、

経営者よりも知識とかがないといけないわけで、

相当、勉強しなきゃなれないんですよね。

ただ、経理の仕事をやっていただけでは、

経営コンサルのような仕事なんて、できるわけがないということに気が付いたんです。

(遅いですね・・・)

経営コンサルの仕事をするには、

めちゃくちゃ勉強して、MBAとるとか、

少しづつ勉強して社内で出世してから転職するとか、

そういったプロセスが必要となるわけです。

 

そうまでして、なりたいというわけではない

MBAをとったり、

バリバリ働いて、社内で出世して、経営企画をやるような部署にいったりするのって、

考えただけで、ものすごく大変そうです。

苦労するのは、目に見えています。

そこまで苦労して、

本当に、経営コンサルの仕事がしたいのか?

と、考えてみたところ、

「そこまでして経営コンサルの仕事がしたいわけじゃない」

っていう結論に至ったんです。

なんというか、

「そもそも、私は、経営コンサルっていう柄(がら)じゃない」って思ったんですよね。

 

夢があるなら、「それを達成する人は、どんなキャラの人だろうか?」と、考えてみよう!

私が、当初抱いていた、「経営コンサルタント」っていう職業は、

女性でなるとしたら、

・とにかくまじめで仕事一筋!

・男性社会でナメられないように、常にパンツスーツ!

みたいな、

「お固くて、仕事人間なキャリアウーマン」

でないと、

無理だと思ったんです。

ビジネスの世界で、

男性と対等に、

しかも、経営者とか、会社のトップをやるような人と接するには、

それなりの「重厚さ」が求められると思うんですよね。

そうでないと、信用されないと思います。

そう考えると、若い女性のうちは、どれだけ仕事ができる人でも、無理な気がするし、

バリバリ働いて、MBAとかもとって、

年齢も重ねて、重厚な雰囲気の女性になって初めて、

自信をもって、アドバイスとかできると思うんですよね。

若い女性で、

おしゃれとかもしている、女子っぽい雰囲気を保ちつつ、

経営者相手に、経営戦略とかをアドバイスしている人って、

さすがに居ないだろうっていう気がするんですよね。

たぶん、

若い女性が経営をするような機会って、

実家の町工場の社長を継いだひとり娘か、

自分で起業した人か、

そういう例しかないと思います。

もし、本気で、

「経営戦略などをアドバイスするような、コンサルタント」になるなら、

上でいったように、

「重厚な雰囲気」を身に着けないといけない気がするんですよね。

でも、私は、

そこまでして、

自分のキャラを変えてまで、

その夢を叶えたいとは思いませんでした。

なので、

経営戦略をアドバイスするようなコンサルタント

になるという夢は、手放しました。

 

大幅にキャラ変更をしなきゃいけない夢は、達成が困難!




どんな職業でも、

「キャラ」ってあると思います。

やり手の商社マンと、

ひとつの道を究める職人さんでは、

求められるキャラが違うでしょう。

一代で会社を大きくする起業家と、

ノマドで自由に働く、フリーランスのライター

では、

キャラが違うと思うのです。

そのキャラが、

「なりたいキャラ」ならいいですけど、

「キャラは変更したくない!」と思うなら、

その夢は、自分に合っていない夢だと思います。

キャラを変更せずに、夢を叶えようとするのは、

絶対に、絶対に、苦労すると思います。

私の会社の同僚で、

もともと理系のエンジニアの仕事をしていたけど、

職場の上司と折り合いが悪くて、

会社をやめた人がいます。

彼は、

「経営コンサルがしたい」といって、

転職活動をするために、

会社をやめました。

そのあと、しばらくぶりに会ったのですが、

1年くらい仕事が決まらなくて、

ずっと実家にいるそうです。

そろそろ、諦めて、以前やっていた、

エンジニアの仕事で就職しようと思っているとのことでした。

私からみたら、彼は、

経営コンサルの「キャラ」ではありませんでした。

私からみるとですが、どちらかというと、エンジニアっぽい雰囲気の人でした。

少なくとも、

彼が、経営コンサルをしている姿は、

全く、想像できませんでした。

もしかしたら、彼が、

「全面的に、キャラ変更」をして、

「経営コンサルっぽいキャラ」になっていたら、

転職活動もうまくなっていたかもしれません。

でも、

「大幅にキャラ変更する」のって、

絶対に、

めちゃくちゃ大変です!!!

なので、

夢を持つときは、

「自分のキャラに合っているかどうか?」確認するべきです。

合っていなかったら、

「キャラを変えることができるか?」

「キャラを変えてまで、叶えたい夢なのか?」

と、

自分に問いかけてみるべきです。

 - 引き寄せの法則