コツコツお金持ちになる♪OLのブログ

引き寄せの法則で1億円貯めてセミリタイアしたい!けど結婚もしたい!30歳OLの節約&投資&副業日記。+婚活も。 貯金2000万円突破!

*

やっぱり地方のほうが安く豊かに暮らせる。東京とは食材のクオリティが違いすぎ!

      2016/12/18

この間実家に帰ったときに、

母親が晩ごはんを作るのが面倒だということで、

みんなで焼き肉を食べにいくことになったのですが、

私は、どうしても肉を食べたくない気分だったので、

スーパーでお弁当を買ってきてもらいました。

安くてもいいから、寿司を買ってきてと頼んだのですが、

これがもう、

クオリティが高すぎて、びっくりしたんですよ!!

少し割引されてはいましたが、500円くらいで、

かなりおいしいお寿司だったのです。

東京だったら、500円で八貫のお寿司だと、

絶対に不味いと思うのですが、

とっても美味しかったのです。

私の実家は、そこまで漁業が盛んというわけではないのですが、それなりに朝市とかもありますし、

海が近いです。

だからだと思いますが、

安くおいしい寿司が食べられたことに驚きました。

地方に住むと、刺激が少ないというデメリットはあるかもしれませんが、

食べ物に関しては、東京の都心などに比べて、

格段に安く良いものが食べられますね。

 

素材がよければ料理はおいしい

素材がいいだけで、料理がとてもおいしく感じるなというのは、

東京と地方を行き来するとすごく実感します。

「どうやって料理したらこんなに美味しくなるの?」

って、聞いてみるけど、

使っている調味料は、普通だったりする。

やっぱり、素材なんですよね。

毎日、かなりおいしいものを食べているようだったので、

1か月の食費を聞いてみたのですが、

夫婦で4万円(外食込み)とのことでした。

だいたい、一人暮らしの人とかで、

食費が月2万以内だと、「節約できている」といわれます。

なので、夫婦2人で、4万(ひとり2万)だったら、

「節約できている」水準だなと、思いました。

でも、

それにしては、良い食生活できているんですよ。

体によくないからって、マーガリンじゃなくて、バターを使っているし、

パンは、山崎パンのようなものではなくて、

ベーカリーが焼いたおいしいパンを毎日食べています。

おいしいパンと、バターの朝食を毎日食べられるというだけで、

豊かな生活という感じがしますよね。

お茶漬けを食べようとしたら、

お茶漬けでさえも、「高級お茶漬け」だったのでびっくりしました 笑

白子のり お茶漬けサラサラ プレミアム 鮭

白子のり お茶漬けサラサラ プレミアム 鮭
価格:151円(税込、送料別)

ちなみに、

このお茶漬け、1回分の量がたっぷりで、

美味しかったです。

いつも永谷園のお茶漬けですが、

たまには高級お茶漬けもいいなと思いました。

白子のりなだけあって、さすがに、のりの風味がよかった!

 

地方なら広い部屋に住めるので料理の道具もたくさん持てる

うちの両親は、

晩ごはんも、

魚料理で、銀だらとかも頻繁に食べています。

銀だらなんて、東京では高級魚ですよね。

とってもおいしい魚ですが、

銀だら入りのお弁当なんて、1000円くらいするのが普通だし、

東京に住んでいたときには、なかなか手をだせなかったです。

地方だと、けっこう安く売っているみたいです。

東京に住んでいたときは、

狭いマンションだったので、魚焼き器がありませんでした。

でも地方だと、

部屋の広い家に住めるので、

キッチンも、調理器具も、色々と持つことができます。

その結果、

安くておいしい素材を買って、自分で調理して食べるという、

豊かな食生活になるわけです。

地方には、豊かなものがたくさんあるんですよね。

若者が、みんな都会に憧れて、

狭い東京のワンルームマンションに住んで、

不味くて高い居酒屋でご飯を食べている間に、

地方で、豊かな生活を享受している人たちがたくさんいると思います。

 

東京に住むことに対する執着を手放してみるのもいいかも




東京は、

確かに、面白いです。楽しいです。

地方だと、おしゃれをしても、着ていく場所がないかもしれない。

でも、みんな、

東京に出ていくときは、

「華やかな生活をして、都会を楽しみたい」と思っていたとしても、

数年住んでいると、

結局、外に出るとお金がかるからといって、

引きこもっている人もいるのではないでしょうか?

私の友人は、ほとんどが地方から東京に出ていっていますが、

「都会じゃないとできないこと」って、あまりしていない気がします。

結局、

都会に住んでも、

地方にいたときと変わらないライフスタイルを送っていたりする。

平日は仕事が忙しくて、会社と家の往復で終わり、

休みの日は疲れているから休んで終わりっていう人もいる。

そういう人は、

地方に住むのもひとつの選択肢としていいかもしれません。

 - 未分類