コツコツお金持ちになる♪OLのブログ

引き寄せの法則で1億円貯めてセミリタイアしたい!けど結婚もしたい!30歳OLの節約&投資&副業日記。+婚活も。 貯金2000万円突破!

*

好きなことに、とことん夢中になれば、それがいつか特殊スキルになる

      2016/02/13

おととい、

特殊なスキルを持っている人になることで、

仕事の単価を上げることが重要

という話をしました。

このブログのテーマは、

「1億円を作る」

「できるだけラクにお金を稼ぐ」

ですが、

「高単価な仕事ができるようになる」は、

それができると、「ラクにお金を稼ぐことができる」ので、

超重要です。

我ながら、単純な思考です 笑

私は、基本的に「働きたくないでござる」な人間ですが、

そんな私でも、高単価な仕事なら、働くのも苦じゃないです。

働く時間が短時間が短くなれば、

それだけ、自分の好きなことができるからです。

 

サラリーマンは、出世しないと労働単価が上がらない

サラリーマンだと、仕事を早く終わらせることができても、

会社に定時までいなくてはいけません。

高単価な仕事ができるようになれば、

サラリーマンみたいに、他人に合わせて、定時まで時間をつぶすなんてことはなくなります。

歩合給のある営業の人なら、努力しだいで労働単価を上げることもできるかもしれませんが、

社畜社員はそうはいかない。

サラリーマンが、時間あたりの単価を上げるには、出世するしかないんですよね。

年功序列が残っている会社なら、自分の労働単価を上げるのに、かなり時間がかるでしょう。

しかも、出世すれば必ず労働単価が上がるとも限りません。

私の会社では、管理職になると、裁量労働制になり、

残業がつかなくなります。

残業がつかないのに、仕事は増えるわけですから、

時給は逆に下がるみたいです。

 

高単価な仕事ができる人材になるにはどうすればいいか?

高単価な仕事ができるようになるためには、どうすればいいか?というと、

レアな人材になる

必要があります。

できるだけ、他の大部分のひとたちとは、違う道をいくように心がければ、

それだけでレアな人になれます。

人の行く裏に道あり花の山 ですね。

わかりやすい例でいうと、

マイナーな国に留学して、マイナーな言語を学ぶなどです。

常に、少数派でいるように心がければ、それだけでレアな人になります。

日本で、「その人しか持っていない」スキルほど、高単価になります。

超マイナーな言語の通訳を、日本でその人しかできなければ、

マイナーな言語な分、仕事の回数は少ないかもしれませんが、

1回でたっぷり儲かるかもしれません。

働く時間が少なくて、もらえるお金が多いっていうのは、社畜からすると羨ましいです 笑

ただ、

ひとつの言語をマスターするにはかなりの時間と労力が必要です。

普通の人がやるには、ちょっとハードルが高すぎるかもしれません。

でも、もし、

そのマイナーな国や言語がとても好きで、

勉強するのが趣味という人がいたら、どうでしょうか?

いくら勉強しても苦にならないのですから、

その国の言葉をマスターするのも苦になりません。

 

レアな人材になるためには、好きなことを極めるのが一番早い!




レアな人材になるために大事なことは、

「好きなことを極めていくこと」だと思います。

人間、好きなことでないと、なかなかやる気がでないです。

なので、できるだけ好きな仕事をするというのが大事です。

言い方を変えれば、

「本人の気質を活かす」ことが重要です。

たとえば、

昔からおせっかいで、人の面倒をみるのが好きな人なら、

例えば、大学生向けのシェアハウスとかを運営したり、

大学で学生サポートをする仕事をすれば、天職って思うかもしれない。

「他人に世話をやくこと」が好きだからです。

世話をやけばやくほど、喜ばれるし、

「あの人は仕事にやる気がある」って言われます。

他の人が、義務感で他人に世話をやいていたら、

やる気がある人は、レアですよね。

他にも、

説教くさい話をついついしてしまう、という人がいたら、

セミナー講師とかになって、

毎日説教したり、

自分のしゃべりたいテーマについてセミナーをしてもいいかもしれない。

その人が情熱的にしゃべればしゃべるほど、

「あの人は情熱的でやる気がある」って言われるでしょう。

このように、

誰でも、「お金をもらわなくても、やりたいこと」って、ひとつくらいあるはずなので、

それを活かせる仕事につけさえすれば、レアな人材になることが可能になります。

好きの力って計り知れないです。

 - 仕事