コツコツお金持ちになる♪OLのブログ

引き寄せの法則で1億円貯めてセミリタイアしたい!けど結婚もしたい!30歳OLの節約&投資&副業日記。+婚活も。 貯金2000万円突破!

*

ビジネスの所有者になりたい。仕事内容はどうでもいい。

      2016/03/18

私は、独立のために、副業をいろいろやっていますが、

独立のためにやることは、「すべて、好きなこと」です。

なかなか成果が出なくて、ツライなと思うこともあるけど、

やりたくないことをやっているという意識はありません。

元々、嫌いなことでも「お金のためなら」できるタイプですが、

どんな作業も、会社の仕事よりは楽しいと感じます。

 

自分が所有できる仕事がいい

よく、「やりたいことをやるためには、やりたくないことも少しやる必要がある」って言いますよね。

確かにそうだと思います。

でも、「だから、やりたいことをする前に、やりたくないことでもがんばろう」って、

よく言われます。

でも、やりたくないことなんて、何もないんだと気づきました。

私にとって、

「やりたいこと」というのは、そもそも「特定の仕事」ではないんです。

「○○がやりたい」っていう、こだわりがないんですよね。

独立するためなら、ある程度、なんでもやる。

なぜ会社で働くのがストレスだったのかというと、

「会社は、自分のものじゃないから」だと思います。

仕事内容は、何でもよくて、単に、「自分のビジネス」が欲しかったのかもしれません。

だから、

「やりたいことのために、やりたくないことをしなければならない」ということは当てはまりません。

「自分でやることは、すべてやりたいことだから」です。

 

会社は結局、社長と株主のもの

会社では経理の仕事をしていて、それが大嫌いでしたが、

自分が会社を持てたら、自分の会社のお金とか経費の管理は、楽しくできると思います。

自分で使った経費を会計ソフトに入力するとか、想像しただけでワクワクします。

自分の会社の節税のために、節税方法を勉強したり、するのも楽しそうです。

何たって、自分の会社ですからね。

逆に、

自分のものではない、他人(または、みんな)の会社の、経理処理をするのって、ぜんぜん楽しくないです。

他人が使った経費の処理とか、本当に面倒くさいです。

どうでもいい、興味ないです。

会社の仕事のほうが金額は大きいので、

大きなミスをしたら大ごとになりますが、

「もっと利益のあがる会社にしたい」という気持ちは1ミリもありません。

どうせ他人の会社ですからね。

正社員だから、会社の利益を上げることが自分のためになる、

と言われるかもしれませんが、

会社の社員は、1000人以上います。

私ひとりが利益を増やそうとがんばったところで、

潰れるときは潰れますし、

せいぜい感謝されたり褒められたり、昇給して、少しお給料が増える程度です。

それに、「がんばって当たり前」なので、

昇給したり、昇格するためには、「かなりがんばる」必要があります。

大企業ではなく、中小企業だったら、

がんばったときの会社への影響が大きいかもしれませんが、

会社が大きかろうが、小さかろうが、「経営者のために働く」ことは変わりません。

そもそも、

会社の所有者は、結局、株主だったり、経営者だと思います。

だから、自分ががんばったところで、リターンを受けるのは、まず株主と経営者なんですよね。

 

ビジネスの所有者になりたい




自分でやるビジネス(今は、まだ副業レベルですが)は、

がんばっても、怠けても、すべてリターンを受け取るのは自分です。

これこそ、私が求めている、「やりがい」なんだと思います。

要は、「所有者になる」ということです。

自分が所有者になれる仕事なら、何でもいいわけです。

「やりたいことがない」と思っていたけど、

仕事内容うんぬんじゃなくて、

それが、「自分のものになるかどうか」が重要なんだと気づきました。

上司の言うことを聞かなきゃいけないって、

当たり前のように言われるけど、

それって、「自分がビジネスを所有しているわけではない」からです。

自分で始めたことなら、自分が所有者になります。

それが一番、私が欲しいものなんだと思います。

 - 働きたくないでござる