コツコツお金持ちになる♪OLのブログ

引き寄せの法則で1億円貯めてセミリタイアしたい!けど結婚もしたい!30歳OLの節約&投資&副業日記。+婚活も。 貯金2000万円突破!

*

50年、お金のために働かなくてよいとしたら、あなたは何をしますか?という質問。

   

今日は、会社帰りに本屋で物色していたら、

いい本が見つかったので読んでみました。

好きなことが、天職になる心理学 という本です。

「好きなこと」っていう言葉に、反応した私です 笑

相変わらず、

「社畜でいい」とか言っておきながら、

やっぱり、好きなことで稼げたらいいなとか、

もっと面白い仕事がないかな?って、考えています。

懲りないやつです・・・。

といっても、今までいろいろとチャレンジしては、挫折してきた経験があるので、

そもそも、

「何をしたらいいのか、わからない」という状況です。

この本では、

面白い、「質問」がありました。

(自分に、問いかけるといういことです。)

この本にあったのは、

もし、自由に50年過ごせるとしたら、何をするか?

という質問です。

これは、自由になる時間が1日だと、ゲームしたり、遊んだりして終わってしまいますが、

50年、お金のために働かなくてよくなり、

自由に過ごしていいことになったら、人って、何か、チャレンジしたいって思うものです。

こういう問いかけをすることで、自分が本当にやりたいことに気づくという意味があります。

1日だけの休みなら、だらだらして終わりますが、

50年、休みがあったら、ただ、家にいて、遊んで終わりということはなく、

何かやってみようと誰でも思うので、

自分にいつもかけている制限を外して、

「本当は自分は、何をしたかったんだっけ?」と考えてみるということみたいです。

これ、ただ50年休みがあるだけっていう感じだと、

「アルバイトしなきゃ」ってなりそうなので、

50年の休みの間は、

「何もしなくても、満足いく収入が得られる」っていうことにして考えたほうがいいかな?と思います。

あと、

未婚の人の場合、

「婚活しなきゃ」ってなるかもしれないので、(笑)

「何をしても、OKと言ってくれる、理想的な恋人・結婚相手がいる」という前提で、考えたほうがいいと思います。

いろいろ、考えてみたのですが、

私の場合は、もし50年、暇な時間があるとしたら、

まず中国のものすごく実力のある道士に弟子入りして、

全てを学んで、極めて、尊敬する師匠のようになって、

あと、色々な特殊能力のある先生方に習って、

自分もきちんと毎日、トレーニングをして、

(方法はわかっているのだが、根気がなくて、全くできていない)

自分で納得いくまで、

まずはスキルを高めたいなって思います。

それから、お店かなにかをやって、

表向きは、普通のお店?とか、なのだけど、

健康問題から、恋愛から何でも、全部、

助けを求めてきた人の願いを叶えるマスターみたいな存在になってみたいですね。

というか、そうなるには50年じゃ足りないと思いますが 笑

小説の読みすぎですけどね、完全に 笑

最近、特殊能力がある人が出てくるような小説とかを読んだので、

なんとなくそう思ってしまいました 笑

あと、知り合いで超能力とかある人もいるので・・・。

まあ、能力があるないは、結局はどうでもよいのですが、

いまは、大企業の、歯車のひとつとして働いているだけなので、

人と対面で会って、問題解決をしてあげるような、

そういう仕事に憧れるんですよね。

といっても、きちんと実力がないと、やりがいなんてないと思いますが。

このブログもそうですが、

「秘密」っていうのが好きなので、

表向きは、普通のお店(カフェとか?)

なんだけど、実は占いのお店とか、

なんかそういうの楽しそうだなって思います 笑

「やりたいこと探し」で、こんなに非現実的なことばっかり出てくるのって変だなと自分でも思いますが、

思い浮かぶことって、

非現実的なことばっかりです 笑

まあ、昔からそういうのばっかり追い求めてきたようなところがありますし、

「非現実的」といわれていたことが、じつは現実であったっていうことを、目の当たりにしたこともたくさんあるので、

どうしてもそっちに意識が向くんですけどね~

それにしても、

「経理の仕事をする」っていうのは、まったく選択肢にはないです 笑

非現実的なことが好きなのに、

普段は、バリバリ、現実的な、会計の仕事を延々とやっているといるんだな~

と、思いますね。

もし、お金があって、時間もあったら、

絶対に経理の仕事はやらないなって思います。

それって、本音では、やっぱり、

「やりたくない」って思っているんでしょうね・・・。

でもその一方で、

人に対して、何か問題解決をするようなときに、

一般常識として、企業の会計とかの知識はあっていいと思っています。

あと、金銭感覚みたいなところで・・・。

私が会ってきた、

「いわゆる、特殊能力のある人たち」は、

けっこう、お金の管理とかが弱い人がけっこういたりするので (汗

以上、

たまたま本を読んでみたら、何だかいろいろと考えさせられました。

 - 仕事