コツコツお金持ちになる♪OLのブログ

引き寄せの法則で1億円貯めてセミリタイアしたい!けど結婚もしたい!30歳OLの節約&投資&副業日記。+婚活も。 貯金2000万円突破!

*

コツコツ行動を積み重ねているという実感を日々得るためのノート活用法

   

SMAPの解散騒動が世間をにぎわせていますね。

アイドルネタは、けっこう好きなので、

私もニュースでいろいろと記事をみていました。

SMAPのことは

「カリスマ的な人気を誇るアイドルグループ」という印象で、

それ以外はあまり知らなかったのですが、

いろいろ記事を読んでいるうちに、

アイドルだけど、デビュー当初は苦労したという話や、

色々な苦労話をしって驚きました。

 

国民的アイドルグループに属していても危機感を持ち続けていた

ジャニーズジュニアといえば、

アイドルのエリートコースですし、

普通に考えたら、

ジャニーズにいれば事務所の力で、成功できるのが当たり前。

と思っていました。

もちろん、事務所の力がないと成功できない部分は絶対にあると思いますが、

事務所任せじゃなくて、危機感を持って常にチャレンジしているところがすごいです。

↓すごいなと思った記事

【SMAP】中居正広のありえない努力。売れっ子司会者になれたワケ

自ら“売り込み”国分太一 企画書持参でプロデューサーと飲む

売れっ子司会者中居くん。彼の才能はスマップの苦悩時代の泣けてくるエピソード

勝って兜の緒を締めよ

じゃないですけど、

誰に何か言われたわけでもなく、

成功しているようなときに、

危機感をもって行動できるというのは、

本当にすごいなと思います。

勝手な私の印象で、

ジャニーズって、事務所が強いから、

受け身でいても、色んな仕事をさせてもらえて、

色々と挑戦するうちに、

バラエティでもやっていけるタレントができたのだと思っていました。

でも、中居くんとか、

自分から積極的に売り込みをしていたなんて、

知らなかったです。

驚きでした。

 

慢心せず、努力し続けるってやっぱりスゴイ

野球選手のイチローも、

天才のように見えて、

実は不遇の時代があったりする。

不遇の時代を乗り越えた5人の成功者たち

イチローは、

小さなことを多く積み重ねることが、
とんでもないところにいくただひとつの道

と言っています。

目標に向かって、急に進もうとしたり、

一気に夢を叶えようとするよりも、

例え不遇な時代があったとしても、

やるべきことを積み上げられる人間が、最後に成功するということですね。

 

目先の結果に一喜一憂しない!

結果とは、いつ出るかわからないものです。

待っても待っても

今日一日、やるべきことをやれたか?

ということが重要です。

毎日やるべきことをやる人に、

結果は突然現れます。

大事なことは、

目先の結果に一喜一憂せずに、

とにかくコツコツと、努力を積み重ねることです。

 

ノートを使って、毎日振り返ることで、努力の積み重ねを実感できる

最近わたしがやっていることなのですが、

1冊のミニサイズのノートを用意して、

そのノートに、

「今日できたこと」を書く、

ということをしています。

これは、石井裕之さんという方の、CD教材である、

「ダイナマイトモチベーション」で、

毎日、「今日やったこと」を書くというワークがあったので、始めたものです。

 

その教材では、

教材についている専用ノートに書いてとあったのですが、

専用ノートだとすぐに書ききれなくなってしまうので、

私は100円ショップのノートに書いています。

A4サイズの半分くらいの、ミニサイズのノートを使って、

ひたすら、今日できたことを書いていきます。

例えば、

・副業の作業を〇〇回やった
・ワードプレスで記事を書いた
・〇〇について調べてみた
・セミナーを予約した
・〇〇についての本を読んだ

などと書いています。

私の場合、節約もがんばっているので、

・今日は外で買い物をしなかった
・冷蔵庫にあるもので済ませた
・ヤフオクで〇〇を出品した

など、節約につながる行動も、

やったことは書いています。

なんでも、結果につながる可能性がある行動は、書いてOKということにしています。

1行につき1項目書くようにしているので、

空白は多少あるのですが、

ページ数が増えるごとに、

コツコツ行動を積み重ねている気がして、

充実感を感じます。

普通は、

「毎日これを続けよう!」と決めて、毎日行動をしていても、

「コツコツやれている」という実感が湧かないものです。

 

でも、ノートに書いていくと、

ページ数が増えることで、

”積み重ねている” という実感が持てます。

「今日やったことをノートに書く」

のは、とてもおすすめです。

だんだんと、「書く」行為自体が、楽しみになります。

書いたことを、見直したりはあまりしないのですが、

なかなか結果が出ないときなど、

ふと見返してみると、

「これだけやったもんなー」って、

自分が愛おしくなります。

とてもおすすめです。

 - 継続力 , ,