コツコツお金持ちになる♪OLのブログ

引き寄せの法則で1億円貯めてセミリタイアしたい!けど結婚もしたい!30歳OLの節約&投資&副業日記。+婚活も。 貯金2000万円突破!

*

自分にとって都合のわるいものは、見ないようにしてしまう

   

久しぶりに読んだ本に、

「他人の非難はしても意味がないし、損するだけだ」

とありました。

本というのは、こちらなんですけどね↓

確かにそうだな~と、思います。

一応私も、できるだけ、他人を非難しないように心がけていますが、

ついつい言ってしまうことはあります。

魅力といえばちょっと曖昧ですが、

要は、モテる人?は、あんまり、他人を非難したりしないな~と、

思うんですよね。

ここでいう批判っていうのは、

「毒舌」とは、また違うんじゃないかと思います。

例えばテレビに出ているタレントで、毒舌なコメントで人気がある人もいますが、

毒舌は、言いたいことを自由に言っているって感じですし、

「非難」とはちょっと違うのかな~と思います。

「非難」は、相手を(かなり)悪い気分にさせたり、

聞いた相手が行動しづらくなるようなイメージです。

リアトラでは、何かを非難するのは、

エネルギーの無駄で、その現実を維持している振り子に力を与えるだけだから、

その劇が上映されている劇場から、静かに立ち去るのがよい、

とあります。

要は、

自分にとって、都合の悪いものは、「徹底的に見なくていい」ということなのかなと思います。

最近、またアファメーションをサボってしまっているのですが、

(やるやる詐欺ですね・・・)

「回数を決めず、気が付いたときにやる」としているのですが、

それだとなかなか忘れがちになってしまいます。

でも、やっぱりアファメーションをゴリゴリにやっていたときのほうが、

「どうでもいい情報」「自分にとって都合の悪い情報」に、

触れることが少なかったなと思います。

やっぱり、ある程度義務化したほうがいいのかなーという気がします。

 - アファメーション