コツコツお金持ちになる♪OLのブログ

引き寄せの法則で1億円貯めてセミリタイアしたい!けど結婚もしたい!30歳OLの節約&投資&副業日記。+婚活も。 貯金2000万円突破!

*

「ときめき」を重要視することでセルフイメージが上がるんじゃないかな~

      2018/01/22

昨日、セルフイメージについての記事を書いたのですが、

今日も、ふと考えたりしていました。

「セルフイメージを上げるには、どうすればいいのか?」

考えながら、

「何かいい本ないかな~」と、本屋をぶらぶらしていたのですが、

たまたま手に取ったこちらの本に、

参考になることが書かれてありました。

この本では、

「金運を上げるためには、自己投資が大事」と買いてありました。

自己投資をするべきっていう話は、よく聞くことですが、

この本でいう「自己投資」っていうのは、

「自分がキュンとすること」なんだそうです。

セミナーを受けるとか、資格をとるとか、自己投資ってそういうイメージがあるのですが、

損得勘定で選ぶのではなく、自分がキュンとくるか?で選ぶんだそうです。

「自分がキュンとすること=自己投資」という考え方は、新しいなと思いました。

そして、これって、

「セルフイメージを上げる」方法でもあるなと思いました。

家に帰って、パソコンを立ち上げて気づいたのですが、

私のパソコンには、フォルダがあって、

「いつかみるアニメ」「いつかみるドラマ」のリストを、そこに保存しています。

で、そのリストって、「本当に面白いものだけ」集めたリストかというと、そうではなくて、

「いつか、暇つぶしに観るかも」と思って、リストにいれているものもあるんですよね。

本当に、「面白そう!わくわくする!観たい!」っていうものじゃなくて、

「暇になったら観るだろうから」ということで、フォルダーに保存していたんです。

ものすごく好きか?というと、そうじゃないんですよね。

好きじゃないものを、「いつか観るかも」と、リストにして保存していることは、

それ自体、「自分は、つまらないアニメでも暇つぶしに観る人間である」という前提があるんですよね。

そういう前提って、すごくセルフイメージが低いですよね。

だって、「暇つぶし」をしようと思う時点で、

つまらない人生を送っていることですし、

未来に、「つまらないもの」を用意している時点で、

「自分の未来=つまらない」と、定義づけているわけですから。

なので、「どうしても観たい!」という、素敵なアニメ・ドラマ以外は、

全部消しました。

何となく毎日を過ごしていると、

すごく観たいというほどではないけど、何となくテレビを観る

みたいなことをしてしまいがちなのですが、

毎日できるだけ、『キュンとくる、大好きなものを選ぶ』って、大事かなって思います。

そういう風に「好きなもの」を選ぶということが、

セルフイメージを高めることになる気がします。

韓流ドラマにハマって気づいたこと

以前、韓流ドラマにハマっていた時期がありました。

1話を見始めたら、一気に最終話まで、見てしまうくらい、ハマっていました。

本当にハマった人は、ロケ地めぐりをしたり、グッズを集めたり、何度もドラマを見たりするので、

それに比べるとハマりかたは弱いですが、一応、夢中になって見たことにははいります。

何か、好きなものを見つけられると、

「なぜそれが好きなのか」ということに気づくことができます。

私がハマったドラマは、韓国の宮廷が舞台のドラマだったのですが、

そのドラマの舞台が、たぶん現代とかだったら、こんなにハマらなかったと思います。

自分なりに、ハマった理由を考えてみると、

・王室の服装の雰囲気なんかが好き。

・王室の建造物の雰囲気が好き。

とか、色々あるんですが、なんとなく理由を考えてみると、

ほんの少しでも、その要素を今の生活に取り入れられるかもしれません。

そうやって、好きを見つけることって、おろそかにされがちだなって思うのですが、

でも、この「好きを見つける」ことがしっかりできないと、

引き寄せもうまく働かないんじゃないかと思います。

私の周りでは、

引き寄せが上手だなって思う人と、引き寄せが下手だなって思う人がいますが、

好きなもの、夢中になれることが多い人ほど、引き寄せが上手です。

そういう人は、

私からみると、「それのどこが面白いの?」ということが好きだったりしますが、

その、好きなものについて、熱く語れるくらいハマることができるチカラがある。

引き寄せの法則をうまく活用できない人は、

例外なく、「好きのチカラが弱い」か、

「そもそも好きなことが見つけられていない」か、

「好きなことがあるのに気付いていない」か、なんじゃないかと思います。

 - セルフイメージ, 引き寄せの法則