コツコツお金持ちになる♪OLのブログ

引き寄せの法則で1億円貯めてセミリタイアしたい!けど結婚もしたい!30歳OLの節約&投資&副業日記。+婚活も。 貯金2000万円突破!

*

【マネゲ感想】現実はすべて幻想

   

現実は、すべて幻想という説があります。

久しぶりに、マネゲを読みました。

何度も読んでいる本ですが、やっぱり面白いです。

この本がいっているのは、

お金も、会社も、他人も、すべては幻想であるということです。

それを、忘れた状態でいるのが私たち。

なぜ忘れたのかというと、

本当の自分は、この世で「人間ゲーム」をするために、幻想を作っている。

私たちが「人間ゲーム」を、ちゃんと楽しめるように、

幻想は、巧妙に作りこまれているんだそうです。

現実でないことを現実のようにみせかけるのが、「人間ゲーム」の醍醐味だから。

そして、その幻想に、欠けている部分があったり、偽物にみえる部分があると、

幻想が直ちに崩壊し、みんながゲームを楽しめなくなる。

そのため、すべてが完全にリアルに見えるように、「現実である」と、疑いなく信じられるように、

幻想は巧妙に作られているのだそうです。

要は、

「この世界が幻想だなんて思えない!」「どうみても現実は現実」といわれても、

現実だと疑いなく信じられるように、完璧に作られた幻想だから、疑いなく現実だと思えて当然。

面白い小説って、登場人物の背景まで作りこまれているっていいますが、

この幻想も、現実だと認識させるために、よく作りこまれている。

でも、やっぱり幻想は幻想なので、ぐにゃりと曲げることもできる。

ということです。

でも、一瞬のうちに、真っ暗闇の何もない世界になってしまったら、

それは困るので、幻想の変化は、これまたリアルに感じられるほどに、

ゆっくりと、ほころびを生じさせずに変化します。

で、その幻想を変化させるにはどうしたらいいのか?というと、

まずは、「幻想だという認識を強く持つこと」が大事なんだそうです。

私たちは、「人間ゲーム」という遊園地のなかで遊んでいる存在で、

叫んだり、悲しんだり、喜んだりすることのすべてが、

「人間ゲーム」なんですよね。

だからこそ、悩んだり苦しんだりしても、遊園地を管理している人たちからすると、

「現実だと信じてくれてる!当初の目的通り、喜怒哀楽をエンジョイしてくれてる!」としか思わない。

現実を楽しむために「人間ゲーム」をしているから、すべて当初の目的通りなんですよね。

じゃあどうすればいいのかというと、

ちゃんと、

「遊園地の管理者に名指しで命令」する必要がある。

人間ゲームに反応しているうちは、管理者も、「幻想を楽しんでくれているんだな~」「勝手にゲームを止めたらだめだ」

と考えるけど、

名指しで命令されたら、単なる遊園地なので、ゲームを変えなきゃいけない。

そんな感じなのかなと思いました。

だから、この本では、幻想から抜け出すためには、ひたすら、

「これは幻想だ!」と自分に言い聞かせなさいとあります。

目の前の現実で、自分の意図したいこととは逆のことを言う人がいたとしても、

「目の前には、ただ私が頼んだように話したり行動したりする人がいるだけだ」

「私は、私が望まないことをいう人たちの幻想を作って、それが現実だと自分に思い込ませているだけだ」

と、自分に言い聞かせるんですよね。

そうすると、その幻想は消えるんだそうです。

面白いなと思います。

そうやって、幻想から脱出することができたら、好きなゲームを始めればいい。

すべて幻想なので、本当は、治療するべき病もなにひとつないけれど、

患者を作って治療する、「医療ゲーム」をしてもいい。

本当は、お金もビジネスもすべて幻想だけど、

あえて、「マネーゲーム」や、「ビジネスゲーム」をしてもいい、のだそうです。

どんなゲームをするのか、自分で選ぶことができるっていいですよね。

その境地に到達したいなと思いました。

 - 引き寄せの法則