コツコツお金持ちになる♪OLのブログ

引き寄せの法則で1億円貯めてセミリタイアしたい!けど結婚もしたい!30歳OLの節約&投資&副業日記。+婚活も。 貯金2000万円突破!

*

【投資】占いの視点からみた今後の相場の展望

   

今日はちょっと趣向を変えて、私の趣味である占いの視点から、株についての記事を書きたいと思います。

大殺界って知ってますか?

有名な、細木数子という占い師がやっている、「六星占術」という占いで、よくない運気のことを大殺界といいます。

六星占術では、人を12個の「星人」に分けて、それぞれの星人は、12年周期で、よい時期と悪い時期が決まっています。

わりと良い時期が9年続いた後に、わりとよくない時期(大殺界)が3年続き、その12年周期を一生続けるというサイクルで、

全員がそのサイクルを12年周期で生きるって感じの考え方です。

この、よくない運気である大殺界は、四柱推命だと、空亡って呼ばれているもので、

四柱推命を簡略化させたものが六星占術だと思ってます。

ちなみに、0学(ゼロ学)とか、今話題?の、ゲッターズ飯田氏の「五星三心占い」も、たぶん同じシステムで、

人を12個の種類に分けて、12年のうち、わりとよい運気が9年、それから3年(占いによっては、2年だったり3年半だったりするけど)はよくない運気のときがあるというシステムなので、どの占いでもだいたい同じ結果になると思います。

私は、この占いがめちゃくちゃ当たる(特に金運・・・)と思っていて、

昔から、出会った人の誕生日を聞いたら、すぐ「何星人か」占うという習性があります 笑

で、今後の相場の予測?と、何が関係があるかっていうと、

この12個の種類のなかのうち、

「ものすごく金運がよくて」「馬車馬のように働き」「カネを稼ぐことに対して並々ならぬ情熱を注ぐ」

人たちがいるんです。

六星占術だと、水星人と呼ばれています。(プラスとマイナス)

ゼロ学だと、水王星人または氷王星人、五星三心占いだと、「イルカ」のくくりにあたる人なんですが、

この人たちが、3年間、悪い時期に入るのが、来年の2019年から3年間なんですよね。

正確にいうと、水星人プラスは2019年~2021年がよくない運気

水星人マイナスは、2020年~2022年がよくない運気です。

水星人は、金儲けが得意で、儲かることが大好きで、(儲けられる場合は)馬車馬のように働く傾向があるので、

経済を牽引しているひとたちだと、占いではいわれています。

(社長とかに水星人が多いとかなんとか・・・)

前回、あまり運気がよくなかったのが、2007~2009年(水星人プラス)と、2008~2010年(水星人マイナス)

なんですが、当時はみごとに欧州経済危機とか、リーマンショックがあった時期ですし、

当たってる気がします。

ということは、来年から3年くらいは、金運がいい人たちが停滞することで、

経済的にも停滞する可能性があります。

日本では、オリンピック後に景気が悪くなるなんて聞きますが、

それより前に、株が下がるんじゃないかなって思ってます。

ちなみに、水星人はどんな人たちがいるかというと、

水星人プラス

トランプ大統領 
ジェフ・ベゾフ(Amazon創業者で社長)
小泉純一郎
小池百合子
みのもんた
桑田啓祐(サザンオールスターズ)
IKKO
いとうあさこ
妻夫木聡
菜々緒 中谷美紀
イモトアヤコ
北島三郎
渡部健
王貞治
吉田沙保里
長友祐都(サッカー選手)
勝間和代

水星人マイナス

ビル・ゲイツ
孫正義
故スティーブジョブズ(アップル創業者)
ラリーペイジ(Googleの共同創業者、現在はアルファベット社CEO)
明石家さんま
萩本欽一
マックスむらい
有田哲平
松本人志(ダウンタウン)
浜田雅功(ダウンタウン)
タモリ 中井貴一 柳葉敏郎
西川史子
林修 加藤茶
谷亮子
綾瀬はるか、上戸彩、高畑充希 波留 井上真央
渡邊美樹(ワタミ創業者)
吉田美和

以上ですが、最近活躍(?)している人だけでもこれだけいます。

ちなみに、お金持ちは水星人しかいないかというとそういうわけではなく、

水星人は稼ぐのが好きなので、起業家とか芸能人(稼げるほうの)に多くて、

投資家だったら、木星人(バフェット、ジムロジャーズ。木星人は公務員とか多い)で、

自分のスキルをひたすら高める努力が好きなのは火星人です。

(イチロー選手・本田圭佑選手・ダルビッシュ有選手・松井秀喜さん・松坂大輔選手・大谷翔平選手・浅田真央は火星人)

なので、稼ぎ方が違うってだけで、金持ちはどの星人でもいます。

でも起業家で、お金を派手に使うのも好き!っていうタイプは、やっぱり水星人に多い気がします。

私の周りでも、稼ぐのが好きな人は水星人多い印象です。出世も早いような・・・。

水星人はとにかくお金が好きな人たちで、プラスとマイナス両方だと、6人に一人が当てはまるので、

少数派でもなんでもないんですが、全人口の6分の1の人たちのなかに、お金大好きな人たちが集中していて、

その人たちが一斉に、停滞期に入るということは、経済も停滞すると言えるかもしれません。

水星人は、6人中で一番、稼ぐ力がある(というかお金が好き)と聞くので、

来年から3年くらいは、株も下がり続けるのかな?なんて思ってます。

トランプ大統領をはじめとする水星人プラスの人たちは、2019年から停滞期にはいるのですが、

「規定の路線から変更しない」ようにしていれば、悪い運気の影響を受けることはあまりないと思います。

水星人プラスの人たちは、この11月から、徐々によくない運気に入ってきています。

ただ、政策とか、方針を、規定の路線から変更しないように(向こう3年間は)すれば、特に問題はないのですが、

3年間の間に新しく始めたこととか、思いついたこととかは、あまりうまくいかないとも聞くので注意が必要かもしれませんね。

以上、占いの視点からみると、2019年~2021年は停滞するかもしれないという話でした!

 - 占い