コツコツお金持ちになる♪OLのブログ

1億円貯めてセミリタイアしたい!けど結婚もしたい!アラサー女子の投資&副業&節約の記録。資産2500万円突破!占い&スピリチュアルも好きです♪

*

「やりたいことは、結婚後にやればいい」は本当か?「夫ブロック」に遭う可能性はゼロじゃない。

   

私の友達は、たいていがアラサーなんですが、

大学を卒業して、大手企業に入社して、

それなりの給料と、恵まれた福利厚生を享受し、

人生バラ色かと思いきや、

アラサーくらいになって、

「この仕事は私がやりたい仕事(職種・会社・業界)ではない」

って気づいて、

会社を辞めたがる女性がいます。

私もその一人です(^^;

仕事が嫌だけど、

生活のレベルを下げられないから、辞められないんですよね。

で、どうなるかというと、

普通に転職する人もいるんですが、

なかには、結婚によって会社を辞めようとする女性がいます。

というか、けっこういます。

大卒の女性が大企業に入ると、

20代のうちは、

同期と遊んだり、

給料もいいから海外旅行にたくさん行けたりして、

楽しく過ごせるんですよね。

でも30歳くらいになって、周りも結婚して落ち着いたりし始めると、

このままでいいのか?ってなるんですね。

大企業勤務だと、仕事は自分の希望通りじゃないことが多いと思います。

私の友人は、営業の仕事を10年ほどやってるのですが、

「よく考えたら、自分が売っている物に全く興味がないことに気が付いた」

「本当に、その仕事を好きでやっている人には勝てないことがわかった」

と言っていました。

お金のため、と思って、無難に過ごしていても、

そこまで情熱がないから、一生懸命になれないんですよね。

それなら、転職するとか、何か行動すればいいんですけど、

そうじゃなくて、「結婚(玉の輿)をして、会社を辞めてから、好きなことを始める」

って言って、婚活に情熱を注ぐ子がけっこういます。

確かに、

お金持ちの男性と結婚したら、衣食住を男性が与えてくれるから、

自分は好きなことを始めて、

だんだんと、好きなことで食べていけるようになればいい

って考えは、一見、賢い考え方のように思えます。

結婚によって、嫌いな仕事から解放されるわけだから、

「なんとしてでも、高収入男性を捕まえよう!」ってなる。

でも、

本当にそんなにうまくいくんでしょうか?

もし仮に、

旦那さんが、ものすごくいい人で、

「君は好きなことをすればいいよ。」

って言ってくれる人だったらいいですが、

稼ぐ男性って、長時間労働してる場合が多いし、

馬車馬のごとく働いて稼ぎながら、給料のほとんどを奥さんに渡して、

奥さんは、自由に好きな仕事してくれればいいっていう男性、

いるのか?っておもいます。

私は、好きな仕事は副業でやろうと考えて、

いろんな副業をしていますが、

どんな仕事でも、稼げるようになるまでって、時間もかかるし、

大変だなって思います。

なので、

やりたいことがあったら、

「婚活が成功したら始める」んじゃなくて、

すぐに始めたほうがいいと思うんですよね。

結婚した後に、ゼロから何かを始めるってなると、

嫁ブロックならぬ、「旦那ブロック」を受ける可能性もゼロじゃないと思います。

プレジデントで、こんな記事もありました↓

専業主婦の経済的自立を阻む嫌な夫

この記事の例は極端だと思うんですけど、

経済的に男性に頼った状態だと、

自分の意見を通しにくくなるかもしれません。

でも、婚活女子って、

「結婚すれば会社を辞められる」って言う子がけっこういるんですよね。

それで、

「辞めた後は、何がしたいの?」って聞くと、「わからない」って言うんです。

「会社は辞めたいけど、専業主婦にはなりたくない」

「毎日、ママ友としか会わない生活なんて無理」

「家事・料理はそんなに好きじゃない」

みたいなことを言う。

結婚したいけど、家庭には入りたくないんですよね。

それって、

本人にとっては、

仕事がとても重要だってことじゃないですか?

婚活も大事だけど、

同じように、仕事も大事ってことじゃないですか。

だったら、

婚活に成功した後に好きな仕事を始めるんじゃなくて、

今すぐ始めたらいいのに、って思います。

なんだかんだ、長くやっていたほうが、色々とノウハウも得られるし。

結婚することは大事ですが、

結婚する目的が、

「仕事を辞めたい」だったら、

婚活も大事だけど、転職するとか、副業始めるとか、

今すぐ行動したほうがいいですね。

新しい仕事って、最初は大変かもしれませんが、

若いうちのほうが、飲み込みも早いですし。

婚活と同じく、新しいことを始めるのも、若いうちのほうがいいと思います。

↓まずは転職サイトで求人をチェック!

 - 仕事