コツコツお金持ちになる♪OLのブログ

1億円貯めてセミリタイアしたい!けど結婚もしたい!アラサー女子の投資&副業&節約の記録。資産2700万円突破!占いも好きです♪

*

結婚相手に株をやっていることを知られたくない場合は日本株より米国株のほうが良い。

      2020/01/21

私は資産1億円に向けて貯金をがんばっているのですが、

最近、2800万円も突破して、資産3000万もそろそろ近づいてきました。

このブログでは資産額も公開していますが、

周りの友人とかには教えていません。

当たり前ですが(^^;

なぜ教えないのかというと、

お金があると思われると、

お金を貸してと言われたり、面倒なことになるんじゃないかなと思うからです。

まあ、お金を貸してって言われたことってないんですけどね。

でも言われたくないですよね~

めっちゃ節約して、がんばって貯めたお金を他人に貸すわけがないでしょ!って感じ(^^;

さすがに貸してって言われたことありませんけどね。

まあそういう意味では、

正直な話、資産額が増えていくにつれ、

付き合う友達も選んだほうがいいというか、

やっぱり同じくらい稼いでたり、資産がある友達のほうが、同じ目線で会話ができるので楽しいですよね。

同じくらい、年収と資産がある友達なら、

株をやってる子が多いので、株の話もできて楽しいですし、

色々な意味で安心感があります。

それはさておき、

私は資産額はなるべく周りの人に伝えないタイプなんですけど、

これから結婚をするとしたら、

旦那にも自分の資産額はなるべく伝えたくない、と思っています。

最近は、夫婦で別会計のお宅も多いみたいですし、

お互いに、貯金額などは把握していな夫婦もすごく多いみたいなので、

それは問題ないかな~と思っています。

でも、

もし自分からしゃべらなかったとしても、

会話の内容とかから、

「こいつお金持ってそうだな」

って思われたら、それも嫌なので、避けたいな~と思っています。

でも私の場合、

投資をしているので、決算の時期になると、事業報告書がたくさん郵送で届くんですよね。

あれって、たくさんの会社の事業報告書が家に届くと、お金もってます!ってすぐわかりますよね・・・。

色んな会社の株を買えるってことは、それだけ資産を持ってるってことですから。

そういう意味では、

日本株よりも、米国株を買ったほうがいいかもなって思います。

なぜなら、

米国株だと、事業報告書が家に届きませんので、

株を持っていることが結婚相手にばれることがありません 笑

ということで、

今後、結婚をすることを考えると、

日本株より米国株の銘柄を増やしていくほうが、

結婚相手に資産額を(何となく)知られずに済むという意味でもいいなと思っています。

まあこんなことを書くと、

ものすごく猜疑心の強い人間だなと思われそうですが、

私はほんと、猜疑心が強くて、人を信用できない人間なんですよね~

しょうがないです。

一緒に暮らすことになった結婚相手だったとしても、

それ以前は30年間以上、別々の生き方をしてきた他人ですからね。

そう簡単に、信じられるほうがすごいと思います(^^;

みんな普通に、結婚したら夫婦のどちらかが家計を管理するとか、言ってますよね。

信じられません。

だいたいの家庭は、女性の側が家計を管理している場合が多いと思うんですが、

私が男だったとしても、

結婚したからといって、その日から自分の給料を全部、奥さんに渡すなんて絶対に無理ですね。

自分も無理だと思うので、男性にも求めません。私は。

それと、

ちょっと話はずれるんですけど、

以前、私が働いていた会社で、

従業員による、ちょっとした横領事件があったんですね。

金額としては少なかったんですが、そんなことをする人がいるなんて、衝撃的でした。

当時、横領をした犯人は、私も一度会ったことのある男性だったんですが、

ものすごく人がよさそうというか、穏やかそうな普通の見た目でした。

何が言いたいかっていうと、

「いい人そう」

「信用できそう」

っていう、

自分のなかでの他人に対する印象も、簡単に信じちゃいけないなと思いました。

横領事件はちょっと極端だとしても、

会社のなかにいると、ちょっとした小さな事件ってありますよね。

そういうので、犯人になる人をみると、

普段は真面目だったり、皆から慕われてたり、

「なぜこの人が、そんなことをするのか?」

って疑問に思うような人だったりします。

すごくいい人でも、お金とか、出世(=お金)のことになると、人格が変わったりします。

お金って人を変えてしまうところがありますよね。

どんないい人でも、お金のことになると、人が変わるんです。

だからこそ、警戒心は常に持っていることが大事だと思います。

 - 家計&貯金