コツコツお金持ちになる♪OLのブログ

引き寄せの法則で1億円貯めてセミリタイアしたい!けど結婚もしたい!30歳OLの節約&投資&副業日記。+婚活も。 貯金2000万円突破!

*

これからは、特殊なスキルがある人が東京で働くべき。

      2016/02/13

去年、人事異動で地方都市にきましたが、

今年、とんぼ返りで東京勤務になる予定です。

東京に久しぶりに住むというのに、

なんだかそこまでワクワクしない・・・。

大学生で上京したときは、もっとワクワクしていたのに、

あのワクワクはもう感じないです。
 

東京に対する憧れが薄れてしまった

私は大学から東京に上京しました。

東京に対する憧れがあったから、東京の大学に進んだのです。

高校生の頃、大学受験のために必死に勉強していたときは、

東京の、偏差値の高い大学に入れば、ラクしてお金持ちになれると思っていた。

将来は、東京の高層マンションに住んで、誰もが知っている会社に勤めて、

プチお金持ちみたいになれる、とそう思い込んでいた。

だから、

大学時代は、誰もが知っている大企業に入るために、就職活動をがんばって、

見事に、年収がそれなりに高い企業に入ることができた。

でも、

会社に入っただけでは、ラクして稼げるわけがないんですよね。

 

東京は、どこの会社で働いても忙しい

東京にお金持ちはたくさんいますが、

私が理想とするお金持ちは、時間もお金もたっぷりある人です。

東京で働く人は、一部の資産家を除いて、みんな忙しそうにしてます。

東京に住んで、大企業で働くということは、

常に高い水準の働きぶりを求められるからです。

求人をみていて実感しますが、

ゆったりした仕事の求人は、給料が安い。

逆に、給料が高い求人は、仕事がキツイ。

東京で持ち家がない人が働くには、給料が高い求人を選ぶしかないんです。

給料が安いと、高い家賃を払えないから。

住む家を確保するために、給料が高い仕事について、ハイレベルな仕事をしないと生き残っていけない。

東京に実家があるなどで、住む場所に困らなかったらよいでしょうが、

たいていの人は、

みんな、家を買ったばかりに、

40代・50代で住宅ローンに苦しめられている。

(というか、住宅ローンのある人が転職できずに会社に残っている)

東京で、若くして時間とお金に余裕のある人になるためには、

特殊な職業でがっつり稼ぐか、

親が資産家など、もともとお金持ちの人と結婚するしかないと思う。

でも、どちらも私には無理だと思います。

(カネ目当ての結婚とかしたくないし)

でも地方なら、

安い家賃のとこに住めば、

高い給料の職業につく必要がない。

ゆったり仕事をして、自分の好きなことができます。

東京よりは、地方のほうが絶対に、家賃が安いですから。

 

東京の人はみんな忙しそう

東京は、選ばれしお金持ちと、

奴隷のように働きづめになる人と、

2種類に分かれてます。

奴隷のように働きづめにになる人とは、低賃金な人だけではなく、

高賃金の仕事をしている人でも、肉体的・精神的に辛いなら、

奴隷といえます。

みんな、通勤だけで1日1時間とかとられますから、それだけで疲弊してます。

辛くて当たり前です。

 

地方に住んでても、特殊なスキルがある人は、東京から「お呼びがかかる」

最近、知り合いが、拠点にしていた地方都市から、

東京に拠点を移しました。

理由は、東京で仕事が増えたからです。

その人は、かなり特殊なスキルを持っている人です。

そういう人は、黙っていても、東京から、「お呼びがかかる」わけです。

高単価の仕事ができるから、

仕事に忙殺されることもなく

いい暮らしができるでしょう。

 

東京は、特殊なスキルがなければ働くべきではない

他の人がマネできないほどのスキルがあって、高単価で働ける人にこそ、

東京はふさわしいです。

普通の企業で普通に働こうとすると、つらくて当たり前です。

生活にかかる費用が高いですから。

東京で働くべきなのは、

特殊なスキルのある人です。

芸能人とかね。

一般企業で、「一生懸命」働いたって、

家を買って子供を育てたらお金は残らない。

私は、大したスキルもないし、

必死こいて働きたくもない。

なので、

もっと生活費が安くすむような、地方への移住を検討します。

 - 働きたくないでござる